第62回ガラスおよびフォトニクス材料討論会
The 62nd Symposium on Glasses and Photonic Materials
日程  2021年11月8日(月)〜11月9日(火)
場所  岡山コンベンションセンター オンライン開催
主催  日本セラミックス協会 ガラス部会
共催  ガラス産業連合会
共催特別企画  第17回ガラス技術シンポジウム(GIC17)

English Page

重要な日程とお知らせ

講演申込締切: 2021年9月6日(月)
  締切延長→2021年9月10日(金)締切
講演要旨提出: 2021年9月30日(木)締切
事前参加申込: 2021年10月8日(金)締切
ポスター提出: 2021年10月25日(月)
10/12(火) ポスター登録の受付を開始しました。
10/8(金) 事前参加申込は締め切りましたが、当日料金にて、引き続き参加登録できます。
10/7(木) プログラム(暫定版)を掲載しました。
9/28(火) タイムテーブル(暫定版)を掲載しました。
IYOG2022特別セッションの案内を掲載しました。
9/10(金) 参加登録の受付を開始しました。
講演申込を締め切りました。
9/3(金) 講演申込締切を延長しました。
8/30(月) 参加登録費の変更を掲載しました。
8/20(金) セラ協メールマガジンにて会告が配信されました。
8/6(金) 特設サイトを開設し、アカウント作成、講演申込、講演要旨作成、ポスター発表について掲載しました。
7/26(月) GICシンポジウムの招待講演一覧を掲載しました。
7/1(木) ホームページを開設しました。
セラミックス誌(7月号)会告に講演・参加募集が掲載されました。

開催概要

ガラスおよびフォトニクス材料に関する研究討論会を行います。共催特別企画(同時開催)の第17回ガラス技術シンポジウム(GIC17)では、「ガラス産業におけるカーボンニュートラルに向けて」をテーマに産官学から講師の方をお招きしてご講演いただきます。さらに、恒例となりました「企業の製品・技術紹介」と「大学等の研究室紹介」のポスター発表の場も設けます。

  • 日程  2021年11月8日(月)〜11月9日(火)
  • 場所  岡山コンベンションセンター 
        →オンライン開催
  • 主催  日本セラミックス協会ガラス部会
  • 共催  ガラス産業連合会(GIC)
  • 協賛  日本化学会、応用物理学会

主題

  1. ガラスやフォトニクス材料に関わる基礎科学および技術
  2. 企業の製品・技術紹介(基礎科学だけでなく技術の紹介も大歓迎です)
  3. ガラスに関係する大学等の研究室紹介

ガラス技術シンポジウム(GIC17)

  • テーマ  「ガラス産業におけるカーボンニュートラルに向けて」
  • 日時   11月8日(月)15:00〜
  • 場所   A会場
  • 招待講演 4件のご講演を予定しています。
  1. 公益財団法人 地球環境産業技術研究機構 秋元 圭吾
    「カーボンニュートラルに向けた対応策の展望」
  2. 日本エア・リキード合同会社 木村誓史
    「カーボンニュートラルに向けたエア・リキードの酸素予熱燃焼と水素燃焼」
  3. JFEスチール株式会社 石渡 夏生
    「革新的製鉄プロセス技術開発(COURSE50)を中心とした製鋼分野のCO2削減の取り組み」
  4. 公益財団法人 地球環境産業技術研究機構 余語 克則
    「CO2分離回収技術開発の新展開」

IYOG2022特別セッション

国際ガラス年2022を目前にして、IYOG2022特別セッションを開催します。

  • 日時   11月8日(月)11:10〜
  • 場所   A会場
  • 特別講演 2件のご講演とポスターによる活動の紹介を予定しています。

1A04IYOG「国際ガラス年2022:背景と国連採択に至る経緯」
     (国際ガラス年日本実行委員会,京都大学)田部 勢津久

1A05IYOG「国際ガラス年2022:日本実行委員会の組織と企画のご紹介」
     (国際ガラス年日本実行委員会事務局,AGC株式会社)吉田 智

(ポスターによる紹介は、午後のポスターセッションP3会場)
1P35IYOG「国際ガラス年2022実行委員会のご紹介」
     (国際ガラス年日本実行委員会広報分科会,東京理科大学)前田 敬
     (国際ガラス年日本実行委員会広報分科会,北海道大学)忠永 清治